• まえだ

入居審査って何をチェックされている?審査落ちを回避する方法


賃貸物件は全ての人が借りられるわけではなく、『入居審査』と呼ばれる大家や管理会社が入居希望者について確認する場があります。審査では、「家賃の支払い能力があるのか」、「どんな仕事をしているのか」、「連帯保証人の保証意思はあるのか」といったことをチェックします。



では、入居審査をスムーズに通過するためには、どんな点をチェックされているか。そして必要書類を紹介致します。




そもそも入居審査とは何?



なんだか入居審査と聞くとめんどくさい嫌なイメージを持たれる方も少なくないかもしれません。大家さんや管理会社としては、騒いで近隣に迷惑をかけたり、お部屋の装備を壊したりしそうな人に物件を貸すのは不安です。また、家賃を滞納しそうな人に貸すのも避けたいところです。



そのようなオーナーの不安を解消し、トラブルを未然に防ぐために実施しているものが入居審査になります。入居者は物件を借りる立場なだけに、謙虚な姿勢で入居審査に臨みましょう。




入居審査に必要な書類



入居審査では、「入居申込書」の記載をします。記入するおもな基本情報は、おおむね下記の通りです。



・入居者の住所、電話番号、性別、生年月日

・勤務先の住所、電話番号、業種

・入居者の年収、勤務年数

連帯保証人が必要な場合

・連帯保証人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日

・連帯保証人の勤務先の住所、電話番号、業種

・連帯保証人の年収、勤務年数、入居者との関係性



また、場合によっては審査時に下記の書類提出をもとめられることがあります。



・住民票

・所得証明

・免許証

・印鑑証明書



書類の提出は契約時に求めらるとこもあります。準備していれば手続きがよりスムーズに進むでしょう。




入居審査で見られるところを要チェック!!




・家賃の支払い能力をチェック




家賃の支払い能力に関する判断は、年収に比べて著しく高い家賃の物件を求めていないかを見られています。支払い能力は必ずしも年収だけで判断されるものではありません。一定の収入が継続して見込まれる職業や雇用形態である点も重要です。



自営業やアルバイトで勤めている場合、正社員より審査が厳しくなる傾向があります。

家賃の目安としては月収の3分の1くらいを目安として探していくのが理想です。



審査の部分で心配であれば審査の前に自身の情報を不動産屋に相談して審査に臨むといいでしょう。大家さんや管理会社が重要視するポイントも異なることがあるのでそのあたりもTorus不動産ではサポート致します。




・過去の支払いに関するトラブル、性格や属性



入居審査では過去の支払いについて滞納がなかったか、借金の有無などのチェックも信用機関の照会が含まれる場合はあります。その場合、家賃の滞納だけでなく、クレジットや携帯料金なども数年前にさかのぼり調べられます。

滞納があっても審査を通る場合もありますが、審査で落とされる原因になります。


また、性格や人柄がどんな人なのかを不動産会社は大家さんや管理会社に聞かれることがあります。そのため問合せ段階から、物件案内時のやり取りを通じて「常識的な人であるか」を確認しています。

なので、不動産会社の担当者に対する言葉遣いや態度は印象の良いように心がけましょう。








閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示